So-net無料ブログ作成

梅津正彦さん死去!メラノーマの場所は? [健康・病気]


お笑いコンビ南海キャンディーズのしずちゃんの専属ボクシングコーチとして
お馴染の梅津正彦さんが44歳という若さで亡くなりました。

死因はメラノーマという皮膚がんの一種です。

梅津正彦さんが病気を発症したのは2011年11月のことで、その3ヶ月後の
2012年1月にはメラノーマと診断されました。

場所は太ももで、その部分にできた腫瘍が皮膚がんの一種のメラノーマと
診断されました。

梅津正彦 メラノーマ 場所

この報道は子供を持つ親にとって衝撃を与えたのではないでしょうか。

子供は外で走り回ってたくさん太陽の光を浴びて育つのが健康的だと昔から
言われてきたからです。


しかし、メラノーマの危険因子として長い間日光を浴びることが含まれています。

それで、子供が学校の部活などでサッカーや野球をやる時に将来的にどのような
リスクを抱えることになるのだろうかと考える人は考えてしまうかもしれません。


とはいえ、子供が望むのならそれを押さえつけるのもかわいそうなことです。
ですからまず、メラノーマがどのようなものかを一度調べてみることは良いでしょう。

そうすると初期の段階で表れる症状を見つけて対応すればそれほど
怖いものではないということがわかるでしょう。

初期症状として顕著なのはかゆみです。もしそうした症状が出たなら病院で診察
してもらうと安心かもしれません。


梅津正彦さんがメラノーマで亡くなったということは、さまざまな場所に悲しみを
もたらしました。

こうした悲しみを増やさないためにも、早期発見早期治療は大切です。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright(C) 話題の芸能ニュースや旬な最新情報 All rights reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。